Top > 政治 > 韓国艦沈没、中国が対応模索

韓国艦沈没、中国が対応模索

韓国の哨戒艦の沈没問題で、日中韓で温度差があるようですね。


韓国南部・済州(チェジュ)島で開かれていた日中韓首脳会談は30日、韓国の哨戒艦沈没事件などを含む北東アジア情勢について協議し、閉幕しました。


沈没事件では、地域の安定のため緊密に連携することを確認したものの、北朝鮮に対して厳しい対応を主張する日韓と、緊張緩和を強調する中国の温度差は変わらないままとなりました。


中国の温家宝首相は会談後の会見で、北朝鮮に自制を強く促す発言を行うなど微妙に立場を変えつつあり、国際社会の反応を見ながら対応を模索しているようです。


しかし、鳩山首相の日本が先頭を切ってやるというのは、ちょっと違うんじゃないのって感じですね。

もっと他にやるべきことがあるでしょう。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧:

韓国艦沈没、中国が対応模索

このブログ記事に対するトラックバックURL:

http://kartha.main.jp/mt/mt-tb.cgi/84

コメントする

政治

関連エントリー
首相 少数政党に連携呼びかけ地方参政権、夫婦別姓、人権救済 争点回避の3法案準備着々菅内閣1か月たたず支持率急落鳩山前首相 6年分の資産訂正鳩山氏 会見せず異例の退任農水相に山田副大臣昇格へ首相とのポスター 扱いに困惑韓国艦沈没、中国が対応模索国連事務総長 北挑戦を厳しく非難普天間迷走 首相、国民に陳謝橋下新党 市議補選で初陣飾る普天間の米軍飛行訓練を全国に分散を政府検討タイ 提案受諾で流血回避へ英ブラウン首相の陰口 選挙に致命傷か 首相訪沖の混乱懸念鳩山首相が辺野古に視察へ小沢氏続投明言「職務こなす」参院選投票先「自民に」首位小沢氏指摘で高速上限見直しへ アメリカ政府、「普天間継続使用」を日本に伝達へ